佳乃の顔が朽ちていく…楳図かずお氏原作「おろち」で初の1人2役!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佳乃の顔が朽ちていく…楳図かずお氏原作「おろち」で初の1人2役!?


女優の木村佳乃(31)が、来秋公開のミステリーホラー映画「おろち」(鶴田法男監督)に主演し、初の1人2役に挑戦することが19日、分かった。原作は漫画家・楳図かずお氏(71)の代表作。1950年を舞台に活躍した架空の大女優・門前葵と、その娘・一草(かずさ)の20年後を演じる。ともに美ぼうを誇るが、28歳を過ぎたころから醜く朽ち果てていく運命をたどる。特殊メークを駆使して、木村の美しい顔がどう衝撃の変ぼうを遂げていくのか注目だ。

 木村が「醜い女」役に挑む。門前家の女主人で大女優の葵は、28歳を過ぎたころ突然、美ぼうが崩れ、朽ち果てて死ぬ門前家の女の運命を背負い、ある日突然、女優を引退する。20年後、娘の一草は母・葵そっくりに成長。しかし、中越典子(27)演じる妹の理沙が、朽ち果て死に至る直前の葵から重大な事実を聞かされたことをきっかけに、一草の美の崩壊が始まる。その様子を、谷村美月(17)演じる謎の美少女「おろち」の目を通して描いた作品だ。

この映画はちょっと怖そうですね。

勇気がいりそう。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3395779/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。