不良モノ”の今昔をさくっと振り返ってみた!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良モノ”の今昔をさくっと振り返ってみた!?


かつて不良映画といえば『ビー・バップ・ハイスクール』(85年)だった。ツッパリ2人の“ワイルドな青春グラフィティ”は、「不良って怖いと思ってたけど、けっこうイイヤツじゃん」的親近感で当時大ヒットしていた。

折しも80年代は“校内暴力”が深刻化してきた時代。テレビでは、いじめで非行化した娘との闘争の日々を綴ったドラマ「積木くずし」がセンセーションを呼んだり、不良学生たちをラグビーで更正させる「スクール☆ウォーズ」を観て胸を熱くしたという時代背景でもあったのだ。

だが90年代に入ると、不良のファッションや、肩で風切る態度が「イマドキの空気感と違うよね~」ということで〈不良モノ〉は敬遠されがちになっていった。

そんな風潮のなか熱狂的なファンを獲得していたのが91年から99年まで週刊少年チャンピオンに連載された漫画「クローズ」。拳で語る漢たちの雑念のないファイトや友情のアツさ、心に刺さる名ゼリフなど男心を刺激しまくりの硬派な内容は、時代の倦怠感を吹き飛ばす圧倒的なパワーを秘め、なおかつワルカッコイイ、オシャレなファッションなど、カルト的人気となる必要事項をクリアしていたのだ。
クローズは今人気の

小栗君も出てて人気ですね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3381752/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。