夏帆、皆と一つになれて感動した!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏帆、皆と一つになれて感動した!?


合唱に青春を賭けた一人の少女の成長を描いた感動の青春エンターテインメント「うた魂(たま)♪」が2008年春休みに全国ロードショーとなる。その製作報告記者会見が行われ、メインキャストの夏帆、ゴリ(ガレッジセール)、薬師丸ひろ子と田中誠監督が登壇した。

主役の萩野かすみを演じた夏帆は、「歌が苦手なので大変でした。合唱曲の『青い鳥』は、とてもキーが高くて難しい曲。今では本当の合唱部の一員みたいで、皆と一つになれて感動しています」と、撮影時を振り返った。

ヤンキー合唱団を率いる番長・権藤洋を演じたゴリは、「今年で35歳になる僕に、18歳の役をやってくれとオファーが来たときに、日活さんは疲れているのかなと一瞬思いながら現場に行き、このようなヅラとヒゲを付けられ、鏡を見るとライオネル・リッチにしか見えませんでした(笑)。合唱は大人数で歌うので、一人ひとりの歌の力の穴を上手い具合にカバーして、ごまかしてくれました。ただ最後の日に、ソロで歌うところがあり、第一声から音をはずしまって周りがクスクスと笑い出して、そこから動揺して自分自身を取り戻せずにごまかしながら撮影を終わりました」と、壇上で一人ハイテンションの話を展開し、最後には記者からの要望で尾崎豊の「15の夜」を熱唱した。
これからが、楽しみな女優ですね。

映画も見てみたいです。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3348392/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。