宮沢りえ、加瀬亮と演じる微妙なラブ“大人の関係”はあったのか観た人の判断で!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢りえ、加瀬亮と演じる微妙なラブ“大人の関係”はあったのか観た人の判断で!?


11日、浅田次郎原作の短編小説を映画化した『オリヲン座からの招待状』の完成記者会見が行なわれ、宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄、原作者の浅田次郎、監督の三枝健起ら総勢8人が登壇した。

 本作で宮沢が演じるのは、映画館オリヲン座の館主である夫の松蔵(宇崎)亡き後、弟子の留吉(加瀬)と2人で映画館を守り続ける妻トヨの役だ。未亡人であるトヨと、松蔵の弟子であった留吉、この2人の関係に陰口をたたく者もいたが、お互い助け合って映画館を営んでいく。

これまた。ちょっと気になりますね。


じっさいのところどうなんでしょう。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3341843/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。