世界中が待ち臨んだ宮崎アニメ最新作 監督が惚れ込んだ歌声で映画を飾るのはこの人!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中が待ち臨んだ宮崎アニメ最新作 監督が惚れ込んだ歌声で映画を飾るのはこの人!?


『ハウルの動く城』以来4年ぶりとなる、待望の宮崎駿監督最新作『崖の上のポニョ』。来年夏の公開に先駆けて、このたび本作の主題歌が決定した。これまで、『もののけ姫』の米良美一や『千と千尋の神隠し』の木村弓による主題歌など、何年経っても心に残る歌曲の数々を贈り出してきたジブリ作品。期待が集まるなか、おやじユニット・藤岡藤巻と子役の大橋のぞみで結成された、その名も“藤岡藤巻と大橋のぞみ”による主題歌「崖の上のポニョ」(ヤマハミュージックより12月5日発売予定)が完成した。
本作は、宮崎監督がひたすら“手で描く”ことにこだわった、人間になりたい魚の子・ポニョと5歳の少年・宗介の心温まる物語。この物語からのイメージが、ジブリ音楽の旗手・久石譲の手によって音楽となり、宮崎さん曰く「父娘がお風呂で一緒に歌っているような曲」が誕生した。元々、小さい女の子に歌ってもらいたいと要望していた監督。弱冠8歳のぞみちゃんにさっそく歌ってもらったところ、その言葉のおぼつかなさがイメージにぴったり当てはまった。

この少女の歌も楽しみだけど、

やはり、映画が楽しみですね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3339277/
スポンサーサイト
Copyright © ヨンタのムービーフラッシュ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。