デヴィ夫人、遅刻した揚げ句にピーターラビットを着ぐるみ扱いする“わが道”っぷり!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デヴィ夫人、遅刻した揚げ句にピーターラビットを着ぐるみ扱いする“わが道”っぷり!?


4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、映画『ミス・ポター』のプレミア試写会が行われ、各界の著名人が多数来場。また、クリス・ヌーナン監督、主題歌を歌うケイティ・メルアらが舞台あいさつに立った。

 『ミス・ポター』は、世界中で愛されているウサギのキャラクター「ピーターラビット」の生みの親である作家、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品。劇場内に設けられたレッドカーペットでは、ピーターラビットの着ぐるみが、来場者たちを出迎えた。そのかわいらしいルックスで、周りに手を振ったり、飛びはねてみたりと愛嬌(あいきょう)たっぷりのピーターラビット。しかし、人間と並ぶとその大きさは歴然で、カメラマンたちは「納まりが悪い」と若干不満の声も……。

さすがはデヴィ夫人ですね。


何をやるかわからないですね。


引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3294586/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。