聖子 7年ぶり映画出演「火垂るの墓」!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖子 7年ぶり映画出演「火垂るの墓」!?


歌手・松田聖子(45)が作家・野坂昭如氏(76)の代表作で、アニメ映画の名作としても知られる「火垂るの墓」(来年夏公開)の実写版映画に出演することが3日、分かった。聖子は戦争孤児となった主人公の兄妹の母親を演じている。
 聖子が映画出演するのは2001年公開の「千年の恋 ひかる源氏物語」以来、7年ぶりとなる。「千年-」では妖精(ようせい)役で歌も披露したが、今作では一転、戦火に巻かれる母親役となる。
 「火垂るの墓」は、3日、兵庫県淡路島でクランクイン。当初は「父と暮せば」(04年)などで知られる黒木和雄監督がメガホンを取る予定だったが、黒木監督が06年に亡くなったため、弟子に当たる日向寺太郎監督(41)が受け継ぐことになった。日向寺監督は「野坂さん、黒木さんに恥じない映画にしたい」と静かに情熱を燃やしている。


聖子さんはさすがの人気ぶりですね。


どんな演技を見せてくれるんでしょうね。


引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3292799/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。