北野武監督が日本人力士へ“カツ”!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野武監督が日本人力士へ“カツ”!?


映画の北野武監督(60)が29日、日本中が横綱・朝青龍の騒動で揺れる中、日本人力士たちへ“カツ”を入れた。この日、ベネチア国際映画祭に参加するため、成田空港から出発した北野は、今回の騒動について意見を求められると、日本人力士たちのふがいない戦いぶりを指摘。最後まで朝青龍についてはコメントせず「日本人の強い相撲取りが出てくればいいのに」と、日本人力士の奮起を期待していた。
 出発10分前に北野監督は、関係者らとともに搭乗ゲートに姿を見せた。偶然にも同じターミナルから渦中の朝青龍が母国・モンゴルへと帰国する。集まっていた報道陣から、今回の朝青龍騒動について意見を求められた。
 だが、表情を変えず、考えた末に出てきた言葉は、騒動についてではなく日本人力士たちへの苦言だった。「日本人の相撲取りが弱いだけだろ」-。
 いつも的確に辛口な意見を口にする北野監督。この一言は、今回の騒動が朝青龍だけの問題でなく、日本人横綱不在という現状を振り返って発したもの。騒動は相撲界全体にあるとも取れる芸能界の“ご意見番”からの重い一言だった。
日本の横綱いないのはやっぱり


    さびしいですよね。


引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3286864/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。