拘束イスに縛られたさとう珠緒が、ストーカーが枕元に立っていた被害を告白!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拘束イスに縛られたさとう珠緒が、ストーカーが枕元に立っていた被害を告白!?


28日、クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めた『ホステル2』の試写会が行われ、タレントのさとう珠緒がゲストとして登場し、映画の名場面を再現した。

 両手、両足を拘束され、イスに縛り付けられた姿で登場したさとう。映画のワンシーンを再現したものなのだが、「何なんですか、これ! もう、『プンプン!』って、できないじゃないですか!」と、抗議しながらも、そのままの姿でトークを展開。

 映画の内容にちなみ、今までにあった恐怖体験を尋ねられると、「6、7年前のことなんですけど、朝の4時ごろに目が覚めたら、足元に知らない男の人が立っていたんです。それで、『どちらさまですか?』って尋ねたら、ボソッと『新人です』って。『1回外に出てってもらえますか?』って言ったら大人しく出ていってくれたので、警察に通報して指紋を採ってもらったら、『珠緒ちゃん、この人何回も来てるね』って言われて……。何も取られてないし、触られたわけでもないし、ただ見てただけみたいなんですけど、すぐオートロックのマンションに引っ越しました」と過去のストーカー被害をあっけらかんと告白するなど、拘束イスをものともせずテンション高く笑顔を振りまいていた。

すごい体験をしてるんですね。



    さすがはたまおさんですね。



引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3285561/
スポンサーサイト
Copyright © ヨンタのムービーフラッシュ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。