妻夫木聡、本番で何度もNG 「憑神」初日舞台挨拶!?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻夫木聡、本番で何度もNG 「憑神」初日舞台挨拶!?


鉄道員」から8年、 浅田次郎(原作)×降旗康男監督コンビ復活!旧体制の崩壊する幕末を舞台に、自身の誇りと武士の本分を取り戻していく、若き“最後の侍”の生き様を爽やかに描いた「憑神」が、6月23日全国ロードショーとなり、東京の新宿バルト9において、主役の妻夫木聡を始めとする主要キャストによる舞台挨拶が行われた。

主人公・別所彦四郎役を演じた妻夫木聡は、「役が憑依したという言葉がピッタリで面白く、なかなか別所彦四郎になりきるとができず、本番で何回もNGを出した。」

貧乏神の伊勢屋を演じた西田敏行は、「舞台から見ていると若い女性がいて景色がいい。三国連太郎さんとやっている映画の初日の景色とは違う。貧乏神をやらせていただいたが、丁度、宝くじのキャンペーンの仕事をしていて、宝くじで当てたいと思っているのに貧乏神でいいのだろうかと、心の葛藤が二日ほどあった。」

妻さんでもやはり、NGは出すんですね。

しかし、ずいぶん演技がうまくなりましたよね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3210339/

スポンサーサイト
Copyright © ヨンタのムービーフラッシュ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。