映画の『300 スリーハンドレットのなかの赤マント!なぜ、かっこいい?・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の『300 スリーハンドレットのなかの赤マント!なぜ、かっこいい?


        映画の『300 スリーハンドレットのなかの赤マント!なぜ、かっこいい?

                    http://news.livedoor.com/article/detail/3100440/

 

     アメリカでボックスオフィスのナンバーワンになり、数々の記録を更新しているすごい映画、それが『300 スリーハンドレット』。紀元前480年、ペルシア帝国から攻め入ってくる兵100万人に、わずか300人で立ち向かった戦闘のプロフェッショナル、スパルタ人の壮絶な戦いを描く。

 

       古代ギリシアを舞台にした映画ですね。

  なかなかおもしろそうです。

  赤マントってどういう意味?

国民はみな戦闘のプロフェッショナルに育てあげられる。何より驚くのはその映像表現。特にキャラクターのビジュアルは突出している。重たい盾と、頭を覆うよろいは重装備なのだが、体は裸にパンツ一丁、それに赤いマントという軽装備。

 

  これまたなんか異様ですね。

  映画だからできるんでしょうが。

 今年は300ブームが起きるかもですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。