作家リリー・フランキー氏、今度は映画に初主演!・映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家リリー・フランキー氏、今度は映画に初主演!


          作家リリー・フランキー氏、今度は映画に初主演!

        http://news.livedoor.com/article/detail/3089783/

 

     ドラマ化、映画化が相次いだ人気小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を生み出した作家リリー・フランキー氏(43)が今度は映画に初主演する。「ぐるりのこと。」で、本格的な銀幕主演は初めて。ひょうひょうと生きる法廷画家を演じる。4月3日にクランクインを控え「今からシビレきっています」と意気込んでいる。

 

     リリー・フランキーが今度は映画に

   

    主演ですか~

   画家っぽくて役柄があってるかもね~

自伝的小説「東京タワー…」が210万部を超えるベストセラー作家で、イラストレーター、絵本作家など多彩な顔を持つリリー氏が、本格的に俳優業に乗り出す。

 「ぐるりのこと。」は、01年にカンヌ国際映画祭の監督週間部門に出品された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督(44)のオリジナル作品。法廷画家のカナオと妻の翔子を軸に、90年代に実際に起きた事件を交えながら、生きることに希望を見いだす人々の姿を描く。翔子役は、フジテレビのドラマ「大奥~第一章~」(04年)などに出演した木村多江(36)で、ダブル主演を務める。

 

 

   どんな、映画になるのか楽しみです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。