映画・出演俳優・女優など邦画・洋画に関しての 最新ムービーニュースを知らせます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオナルド・ディカプリオ、恋人と破局!?


レオナルド・ディカプリオが、モデルの恋人バー・ラファエリと破局したと伝えられた。ニューヨーク・ポスト紙によると、ラファエリはすでにプロサーファーのケリー・スレーターと交際を始めているとのこと。ラファエリとスレーターはイスラエルでデートしているところを地元のパパラッチに見つかっている。続きを読む
スポンサーサイト

佐藤江梨子「実際の結婚式は和服で」 !?


タレントの佐藤江梨子(25)と俳優八嶋智人(37)主演の映画「秋 深き」(仮題、来年公開予定)の結婚式シーンの撮影が29日、大阪市天王寺区の生國魂神社で行われた。同作は、大阪出身の作家織田作之助の小説「秋ふかき」と「競馬」が原作。黒い花柄の振り袖を着た佐藤は「帯がなかなか立たず足がつりそうになった」と着付けに苦労した様子。和服での結婚式シーンは3回目といい、「撮影でウエディングドレスは何度も着ているが、日本人なので、実際の結婚式では和服を着たい」と願望を話した。
続きを読む

中谷美紀、阿部のパンチパーマをなでなでして観客に謝罪!?


27日、渋谷シネクイントで、映画『自虐の詩』の初日舞台あいさつが行われ、中谷美紀、阿部寛、西田敏行、遠藤憲一、カルーセル麻紀、そして堤幸彦監督が登壇した。

 この日、劇中の役柄そのままに、見事なパンチパーマで登場した阿部寛は「昨晩、急にこの髪型で行こうと決め、メーカーさんから取り寄せました」と語り、パンチパーチが実はかつらだった事実を明かした。一方、中谷美紀が演じるヒロインは“鼻ぼくろ”がトレードマーク。さすがにこの日、彼女の顔に鼻ぼくろは見当たらなかったが、阿部のサービス精神を見せつけられた中谷は「鼻ぼくろを忘れてしまって、本当にゴメンナサイ!」と客席に深々と頭を下げていた。

続きを読む

新作映画レビュー/『ALWAYS 続・三丁目~』に対抗しようとしても無理!?


東宝による横綱級の話題作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に対し、東映はなんと同じ昭和30年代を舞台にした浅田次郎の感動小説『オリヲン座からの招待状』映画版を同日公開でぶつけてきた。『ALWAYS』ほどではないにしろ豪華セットやVFXで当時の街並みを再現し、真っ向対決の構えである。

……が、この時点ですでに大間違い、敗退決定である。原作は99年に映画化されヒットした『鉄道員』のそれと同時に収録された短編で、これは本来、静かな小品として映画化すべき素材だ。この映画版のように、とにかく大作になりたくて仕方がない、といったやり方では生きるものも生きてこない。

宮沢りえや加瀬亮といった主要な役者たちも、むしろそういう作品に向く才能であり、その演技特性と映画が目指す"格"とのちぐはぐ感は否めない。
続きを読む

黄川田&高野が漫才?!…映画「仮面ライダー」舞台あいさつ!?


映画「仮面ライダー THE NEXT」(田崎竜太郎監督)の公開初日舞台あいさつが27日、東京・新宿バルト9で行われた。

 1号役の黄川田将也(27)、2号役の高野八誠(29)、V3役の加藤和樹(23)がそれぞれライダースーツで登場。公園で1号とV3が戦うシーンに触れ、黄川田が「あの時は本気で痛かった」というと、高野が「改造人間が何を言っているんだ」と突っ込みをいれていた。

続きを読む

ブラックカーペットに小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ登場!?


第20回東京国際映画祭「特別招待作品」の映画「クローズ ZERO」の舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、関連のイベントが六本木ヒルズアリーナで開催された。

 イベント開始時刻と同時に会場には映画「クローズ ZERO」のテーマ曲が流れ、リムジン仕様の黒塗りのハマーが到着。いかつい扉が開かれると作品に出演の小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、三池崇史監督が姿をあらわし、用意されたブラックカーペットを歩いて特設ステージに登壇した。度肝をぬく演出とド派手な登場に6,000人の中から選ばれた幸運な500人の観客が大きな歓声で4人を迎えた。

続きを読む

悪うない!赤井&雅が“亀田擁護”!?


お笑いコンビ・トミーズの雅(47)が26日、大阪市内で初の監督作品「総長刑事」(来年公開予定)のロケを行い、出演した俳優・赤井英和(48)とともに会見。ボクシングの亀田一家に対して続くバッシングを「もうええやろ、イジメやで」と非難し、強い逆風の中で敢然と“亀田擁護”を繰り広げた。
 ともに元プロボクサー。経験者として、亀田一家へのバッシングは、もう見ていられなかった。亀田史郎氏と興毅が「玉狙え」などと反則指示をしたとされることについて、雅は「あんなん僕らでも言うてた。『かめーっ』とか『殺せーっ』とか」と、理解を示した。
 赤井は、問題の試合で、テレビのゲスト解説者を務めていた。この日の興毅の会見について「会見は見てへんけども、まあ…、とにかくはよ終わってほしい。(亀田は)ええ選手やからね」と心配顔で話した。
続きを読む

眞鍋かをりが大胆露出!へそ出しセクシーアラビア~~ン!?


24日、第20回東京国際映画祭が開催されているTOHOシネマズ六本木ヒルズで、特別招待作品「レイ・ハリーハウゼン特集」が上映され、タレントの眞鍋かをりがスペシャルゲストとして登壇した。

 この日の眞鍋は、エキゾチックな雰囲気のセクシードレス姿で登場。バッチリへそ出しで、スリットの入ったスカートからは、美脚がちらちらと見える露出の多い衣装だった。実はこの衣装、“特殊効果の父”ハリーハウゼンの代表作である『シンドバッド』シリーズに登場するお姫様をイメージしたものだった。「でも、映画に登場するお姫様は、もっと過激なんですよー」と語る眞鍋だが、そのセクシーな姿は、客席の男性陣をくぎづけにしていた。

続きを読む

初体験にドキドキの神木くん、恋を知らない福田麻由子に!?


 24日、第20回東京国際映画祭にて特別招待作品の『Little DJ 小さな恋の物語』がTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、主演の神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸、村川絵梨、石黒賢、そして永田琴監督が舞台あいさつに登壇した。

 本作で初めてのラブストーリーに臨んだ神木と福田。現在14歳の神木は「初めてのラブストーリーということで、何もかもが初めてで緊張しました。でも、緊張したおかけで太郎(神木の役名)のドキドキした感じをうまく出せたのではないかと思うので、むしろ緊張して良かったと思います(笑)」とポジティブにあいさつし、笑顔を振りまいた。

続きを読む

過去最高の映画サントラは「パープル・レイン」!?


米バニティ・フェア誌の編集者が選ぶ映画のサウンドトラック・ベスト50では、プリンスのアルバム「パープル・レイン」が1位になったことが分かった。

 2位には「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」、3位には「ザ・ハーダー・ゼイ・カム」と続き、クエンティン・タランティーノ監督の「パルプ・フィクション」のサウンドトラックが4位となっている。

 このほかでは「トレインスポッティング 」が7位に、ジョン・トラボルタ主演の「サタデー・ナイト・フィーバー」が8位に、それぞれランキングされている。

 同ランキングは、バニティ・フェア誌を出版するコンデナストが来月発行する特別誌「ムービーズ・ロック」に掲載される。


続きを読む

【トレビアン】脅威のギャグ小説 『リアル鬼ごっこ』が映画化!?


『Amazon.jp』や『2ちゃんねる』などのインターネット、そして中高生を中心に話題になったあの小説『リアル鬼ごっこ』が映画化される。『リアル鬼ごっこ』とは“佐藤”の姓を持つ人が標的となり、実際に捕まると殺されてしまうというストーリーの小説だ。自分が佐藤だったらゾッとするような小説である。

この小説、いろんな意味で(“いろんな意味”は下記を読んで貰えばわかるだろう)かなり話題になり100万部の売り上げを誇っている。コンビニなどでも陳列されたので、一度は目にしたことがあるのではないだろうか。100万部といえば、立派なベストセラーであり、メガヒットである。こんな『リアル鬼ごっこが』映画化されるにあたって、心配される要素があると、多くのネチズンが語っている。

続きを読む

小栗旬、山田優が舞台挨拶に登場!?


リアルなCGで実写以上のハイスピード・エクストリーム映像を実現、ペンギンたちによるサーフィン・バトルを描いたCGアニメーション「サーフズ・アップ」が、10月22日、開幕3日目を迎えた東京国際映画祭に登場した。

東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、上映に先がけて行われた舞台挨拶には、日本語吹替版を担当した小栗旬、山田優、マイク眞木が登壇。女性や子供が多く詰め掛けた会場が歓声に包まれた。
続きを読む

新垣結衣、初恋話を披露!「この子でいいや!?


23日、第20回東京国際映画祭にて、特別招待作品の『恋空』が上映され、六本木ヒルズアリーナで主演の新垣結衣、三浦春馬、そして今井夏木監督によるトークショーが行われた。

 この日、配給元の東宝株式会社は『恋空』のイメージを具現化しようと、六本木の空にハートマークを描くことを企画。なんと、アメリカから飛行機を呼び寄せ、準備を重ねてきたのだが、あいにくの天気で、空は大量の雲に覆われていた。しかし、フォトセッションの時刻が近づくにつれ、徐々に雲が流れ、青空がのぞくように。新垣、三浦の2人が登場するころには、先ほどまでの曇天がうそのように明るくなり、奇跡的にハートマークを描くことに成功した。

続きを読む

宮崎あおい、男たちに囲まれて「濃い~」を連発!?


22日、第20回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出されている日本映画『ハブと拳骨』の記者会見が渋谷Bunkamuraにて行われ、中井庸友監督、虎牙光揮、宮崎あおい、尚玄、クリエイティブディレクターの田中雄一郎、そして山下貴裕プロデューサーが登壇した。

 この日の宮崎は、柔らかい素材のグレイッシュピンクのノースリーブのブラウスに、クリーム色のスカートという優しい色合いのコーディネートで登場。黒づくめの男たち5人の中で、1人さわやかな清涼剤のような存在だった。

続きを読む

松下奈緒「砂時計」主演!?


 女優でピアニストの松下奈緒(22)が、総売り上げ570万部の人気漫画を原作にした映画「砂時計」(佐藤信介監督)に主演することが21日、分かった。今月下旬にクランクインし、来年4月公開される。

 芦原妃名子氏の同名少女漫画が原作。両親が離婚し、島根県の母親の実家に引っ越してきた少女・杏(あん)の12~26歳までの成長物語。母親の自殺を乗り越え、同じ年の北村大悟との初恋を支えに人生を切り開く姿が描かれる。

 今年3~6月にTBSの昼帯でドラマ放送され、異例の最高視聴率9・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。原作とドラマに登場する「世界最大の1年砂時計」がある「仁摩サンドミュージアム」(島根県大田市)は観光客が急増するブームになった。

続きを読む

アンソニー・ホプキンスを直撃!レクター博士は野菜好き!?


イギリス特有の気品と知性あふれる役だけでなく、狂気じみたハンニバル・レクター博士なども演じてきた名優アンソニー・ホプキンスが、彼の監督、脚本、主演映画『スリップストリーム』(原題)について語ってくれた。

 この映画は、脚本家が虚構と現実の世界をさまよう幻想的な作品。ホプキンスは、この作品を手掛けたきっかけとして、「4年前に母が89歳で亡くなり、人生を見つめ直したときに、妻に勧められ脚本を書き出したんだ」と話した。ちなみにこの作品には、後のSFに多大な影響を与えた映画『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1956)で主役を演じたケヴィン・マッカーシーが出演している。

続きを読む

大胆なドレス姿の長澤まさみなどが登場し華々しく開幕!?


20日、第20回東京国際映画祭が華々しく開幕し、六本木のけやき坂に敷かれた200メートルものレッドカーペットに、映画祭で上映される作品の出演者や審査員など豪華なメンバーが登場した。沿道に集まった観客は7,700人、警備員500人、そしてマスコミは映画祭史上最高の700人も集まり、20周年にふさわしい盛り上がりを見せた。

 レッドカーペットの楽しみといえば、なかなか目にすることのできない俳優たちが次々と登場すること。さらに女優陣のファッションも見どころだ。普段は露出の少ない女優たちも、この日ばかりはセクシーで大胆なドレス姿を披露してくれる。今年は特に大胆な衣裳が多く、長澤まさみはストラップレスのドレスで美しい胸元をアピール。新婚の宮崎あおいは、普通のロングドレスだが、実は大胆なスリットが入っていて、歩くたびにちらりと足がのぞいていた。そのほかにも、宮沢りえ、中谷美紀、竹内結子、水野美紀らが華麗に登場し、沿道の観客らその美しさに見とれていた。

続きを読む

カッコよすぎる! アメリカで大ブレイクしたアイドルのザック・エフロンを直撃!?


アメリカで空前の大ヒットとなったディズニー・チャンネルのテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』の主役トロイで、一躍大スターとなったザック・エフロンが、最新作『ヘアスプレー』のPRのため、主役のニッキー・ブロンスキー とともに来日しインタビューに答えてくれた。

 取材前日、都内で行なわれたジャパンプレミアで、初めて日本のファンと対面したザック。日本の女の子の印象は、「みんなすごく礼儀正しくて、びっくりしちゃったよ。僕の名前を“ザック”って呼ぶのではなくて、“ザックゥ~”って伸ばして呼ぶでしょ? それがすごくキュートで、気に入っちゃった」とうれしそうに話してくれた。

続きを読む

日本初のスパイパロディで14年ぶりに主演「0093 女王陛下の草刈正雄」!?


二枚目俳優・草刈正雄が実は英国諜報部のスパイだった!」という奇抜な設定の下で製作された日本初のスパイパロディ映画「0093 女王陛下の草刈正雄」。本作で草刈正雄を演じ(?)、93年の「くまちゃん」以来、実に14年ぶりの主演を果たした草刈正雄にインタビューを行った。

代表作の「汚れた英雄」「復活の日」などから、ダンディなイメージがつきまとう正統派二枚目スターの草刈だが、以前からコメディに興味があったそうだ。「昔、NHKで千葉真一さんと共演した『十字路』っていう鎌田敏夫さん脚本のドラマがあったんですけど、あれから、コメディに目覚めましたね。ジーン・ハックマンとアル・パチーノが共演した『スケアクロウ』みたいなロードムービー風のストーリーで、千葉さんが堅物な男で、僕は軽薄な男という設定だったんですけど、自分で“ちょっとズッコケた感じ”を作るのが楽しくなったんです。同じ頃に映画『火の鳥』に出たときにも市川崑監督から『君はコメディをやったら、面白いかもしれないね』なんて言っていただいて、翌年の『病院坂の首縊りの家』では、原作にない金田一耕助のコメディリリーフみたいな役を僕のためにわざわざ作ってくれたんです」
続きを読む

海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」美男美女が繰り広げる話題の人間ドラマ!?


それでも、前に進んでいく―外科インターンは、仕事も恋も命もあきらめない。

シアトルの一流病院で、若きインターンたちが一人前の医師を目指しながら、「仕事」や「恋愛」を繰り広げる医療ヒューマンドラマ『グレイズ・アナトミー』。外科インターン、メレディスは、母親が著名な外科医であることにプレッシャーを感じながらも、一人前になることを目指し日々奮闘する。同僚たちは、愚痴をこぼせる仲間でもあるが、同時に強力なライバル。甘くない現実、キャリアに恋に悩みながら前進していく彼らの姿に、全米中から熱いエールが贈られた。

全米視聴率は、1年目であのヒット作「ER緊急救命室」を上回る快挙となり、(医療ドラマが「ER~」を超えたのは実に11年ぶり!)現在も快進撃が続いている。また、2006年度エミー賞キャスティング賞受賞、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(サンドラ・オー)受賞、2007年度ゴールデン・グローブ賞TVドラマ作品賞受賞などの輝かしい受賞歴も作品の魅力を証明している。是非、ご期待下さい!
続きを読む

堂本光一、英語とアクション吹き替えなし! スシ王子がニューヨークですごいことに!?


テレビ朝日系列で放送された人気テレビドラマ「スシ王子!」の映画版タイトルとキャストが決定した。

 映画のタイトルは『銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~』。KinKi Kids・堂本光一演じるスシ王子がニューヨークで修行をする奮闘ぶりを描く。

 新たにキャストとして決まったのは、釈由美子、太田莉菜、伊原剛志、北大路欣也。河太郎(かわたろう)役のKAT-TUNの中丸雄一もテレビドラマ版同様、登場する。

 ニューヨークを舞台にしているだけあって、劇中の約半分が英語のセリフだ。また、スシ王子役の堂本はアクションシーンにも吹き替えなしで挑む。ニューヨークならではのスシネタが登場したり、CGも映画版だけあってさらにスケールアップする予定だ。

続きを読む

有名女性誌が選ぶ、「ハリウッドの女性」7人が決定!?


女性誌「ELLE」のUS版で毎年恒例の「ウィメン・イン・ハリウッド」賞の授賞式が15日、ビバリーヒルズのフォーシーズンズ・ホテルで開催され、映画界に関わる7人の女性が表彰された。
選出されたのは、ビートルズ・ナンバーを使用するミュージカル「Across the Universe」のジュリー・テイモア監督に、ローレン・バコール、ダイアン・レイン、ケイト・ボズワース、ジェニファー・コネリー、エイミー・アダムス、スカーレット・ヨハンソン、と幅広い世代の女優6人。いずれも間もなく全米公開される新作が控えている。

16日に発売された同誌の11月号でも同じタイトルの特集が組まれ、上記7人のほかにもハリウッドで活躍する女性たちが登場。表紙を飾ったスカーレット・ヨハンソンは「ハリウッドには深い闇があるみたいに思われてるけど、実際は一般社会を反映しているだけなんじゃないかしら」と語った。
続きを読む

夏帆、皆と一つになれて感動した!?


合唱に青春を賭けた一人の少女の成長を描いた感動の青春エンターテインメント「うた魂(たま)♪」が2008年春休みに全国ロードショーとなる。その製作報告記者会見が行われ、メインキャストの夏帆、ゴリ(ガレッジセール)、薬師丸ひろ子と田中誠監督が登壇した。

主役の萩野かすみを演じた夏帆は、「歌が苦手なので大変でした。合唱曲の『青い鳥』は、とてもキーが高くて難しい曲。今では本当の合唱部の一員みたいで、皆と一つになれて感動しています」と、撮影時を振り返った。

ヤンキー合唱団を率いる番長・権藤洋を演じたゴリは、「今年で35歳になる僕に、18歳の役をやってくれとオファーが来たときに、日活さんは疲れているのかなと一瞬思いながら現場に行き、このようなヅラとヒゲを付けられ、鏡を見るとライオネル・リッチにしか見えませんでした(笑)。合唱は大人数で歌うので、一人ひとりの歌の力の穴を上手い具合にカバーして、ごまかしてくれました。ただ最後の日に、ソロで歌うところがあり、第一声から音をはずしまって周りがクスクスと笑い出して、そこから動揺して自分自身を取り戻せずにごまかしながら撮影を終わりました」と、壇上で一人ハイテンションの話を展開し、最後には記者からの要望で尾崎豊の「15の夜」を熱唱した。続きを読む

鬼才・松尾スズキに注目!その素顔と魅力とは!?


第134回芥川賞候補にもなった小説「クワイエットルームにようこそ」が映画化され、10月20日に公開される。この作品の脚本・監督・原作は、松尾スズキ。クドカンこと宮藤官九郎も所属する「大人計画」を主宰したり、演出家、エッセイスト、イラストレーター等々、多方面に才能を発揮している鬼才であり、04年に公開された初監督映画『恋の門』がヴェネチア国際映画祭で高い評価をうけた、今最も注目株の映画監督でもある。かと思えば、脱力系のキャラクターが妙にハマる、不思議な存在感のある役者としても稀有な存在だ。

ちょっと近寄りがたいイメージのある松尾さんですが、普段はどんな感じの方なのか、彼の新作映画『クワイエットルームにようこそ』のプロデューサー・今村景子さんに聞いてみた。

「シャイで人見知りなので一見近寄りがたい印象がありますが、実はよく笑い、楽しむことが好きな方です。とにかく面白い。観察眼鋭く、人をよく見ています。そしてとても優しい方。弱さと強さが同居していてとても魅力的な方です。」(今村さん)続きを読む

美少女中学生が号泣! 成海璃子も駆けつけた『ライラの冒険』ヒロイン誕生!?


14日、六本木のミッドタウンにあるギャガ・コミュニケーションズ本社にて、来年公開される『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のヒロイン、ライラ役の日本語吹き替えを務める声優の最終オーディションが行なわれ、都内に住む現役中学生の西内まりやがグランプリに輝いた。

 この日行なわれたファイナルオーディションには、5000名を超える応募者の中から、3次まで審査を勝ち抜いた6名が参加。株式会社USENの宇野康秀社長が、グランプリの名前を呼ぶと、西内は顔を手で覆いながら泣きじゃくりながら前に踏み出した。賞品を手渡されている間も、涙が止まらない彼女は、声を詰まらせながらも「うれしいです。まだ信じられませんが……頑張ります!」と優勝のうれしさを語った。

続きを読む

吉岡自信「前作超えてます」…「ALWAYS 続・三丁目の夕日」完成披露!?


大ヒットした前作の4か月後を描いた映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(山崎貴監督・11月3日公開)の完成披露会見が15日、都内で行われ、今作の象徴的な舞台となった東京・日本橋にキャスト陣が勢ぞろいした。前作を13回見たという主演の吉岡秀隆(37)は「超えてます」ときっぱり。興収35億円を記録した前作以上のヒットは確実だが、阿部秀司エグゼクティブ・プロデューサーは「『続』で完結です」と打ち止めを宣言した。

 ライトアップされた日本橋を、8人のキャストと山崎監督がゆっくりと歩いてくる。

 初めて日本橋に敷き詰められたレッドカーペットに、どの顔も表情は晴ればれ。マイクを持ってあいさつした吉岡は「ライトアップされた日本橋もきれいですが、昭和34年、日本の空がまだ広かったころの日本橋を、映画館で見てもらいたいです」と呼びかけた。

続きを読む

打ち切りが濃厚になった「釣りバカ日誌」!?


西田敏行のハマちゃんと三国連太郎のスーさんのコンビで人気の映画「釣りバカ日誌」の終了が近い――。こんな情報が流れている。「釣りバカ」は松竹の看板シリーズ。なぜ終了なのか?

「かねて言われているのが、三国さんの健康不安説。今年で84歳ということもあり、本人が続けるのに消極的なようです」(映画関係者)

 さらにここにきて、“打ち切り”を決定づけるような動きが明らかになった。

「松竹が人気コミック『築地魚河岸三代目』を映画化して、来年公開すると発表したことです。原作は『ビッグコミック』で連載中。単行本は全20巻、計250万部を売り上げています。これならシリーズを長期化しても困りません。実は『三代目』の出版元が『釣りバカ』と同じ小学館で、松竹と小学館は『三代目』を『釣りバカ』の後釜に据えるという方向で、昨年から何度も協議を重ねてきました。満を持して発表したということは、『釣りバカ』の終了が近いということではないでしょうか」(前出・映画関係者)

続きを読む

エイリアンとプレデターの子ども? その名も“プレデリアン”!?


2004年に公開されるやいなや「そんなのあり~?」と世界中を驚かせた映画『エイリアンVS. プレデター』の続編『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』が12月28日、公開される。そして、新作には、前作でプレデターに寄生して誕生した、エイリアンとプレデターの本能を併せ持つ究極のニュー・キャラクタ“プレデリアン”が登場する。

 エイリアンにしてもプレデターにしても、フィギュアが高い値段で取り引きされるなど、多くのファンが存在する。そんなファンが気になるのは、プレデリアンがどんな姿形なのか。すでにファンサイトでは、自分の想像するプレデリアンを思い描き、異常な盛り上がりを見せている。

 その気になる姿が、10月13日から全国の劇場で上映される予告編でついに解禁となる。

続きを読む

英俳優J・ロウ、カメラマンへ暴行容疑晴れる!?


 英俳優ジュード・ロウさん(34)がカメラマンに対する暴行容疑で逮捕された問題で、英捜査当局がロウさんに対してこれ以上の責任を問わないとの結論に達し、同容疑が晴れたことがわかった。ロンドンにいるロウさんの広報担当者が11日に明かした。

 ロウさんは9月、自宅の外でカメラマンに暴行を加えたとして、地元の警察署に出頭。その後保釈されていた。

 この広報担当者は「警察が英検察局(CPS)とともにカメラマンの申し立てを精査した結果、これ以上の措置を取らないことを決定したと聞いた。もちろん汚名がそそがれてうれしい」というロウさんのコメントを発表した。

 一方、CPSの広報担当者は、本件に関する情報は持ち合わせていないとしている。

続きを読む

宮沢りえ、加瀬亮と演じる微妙なラブ“大人の関係”はあったのか観た人の判断で!?


11日、浅田次郎原作の短編小説を映画化した『オリヲン座からの招待状』の完成記者会見が行なわれ、宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄、原作者の浅田次郎、監督の三枝健起ら総勢8人が登壇した。

 本作で宮沢が演じるのは、映画館オリヲン座の館主である夫の松蔵(宇崎)亡き後、弟子の留吉(加瀬)と2人で映画館を守り続ける妻トヨの役だ。未亡人であるトヨと、松蔵の弟子であった留吉、この2人の関係に陰口をたたく者もいたが、お互い助け合って映画館を営んでいく。

続きを読む
Copyright © ヨンタのムービーフラッシュ! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。